COMICキューンチューンRADIOイベント

と言うわけで、年度末の平日と言う恐ろしく
厳しい時期にフレックスを活用して、仕事を
早上がりして遊びに行ってきました。
元々学校だった会場とのことで、イベントを
やった部屋はキッチンがあって、給食関係の
部屋?と言う感じでした。
イベントは昨年秋に計画されていたドラマCDと
ラジオCDの同時購入キャンペーンで2発やる
予定だったのが、延び延びになって、この
タイミングに。まさか、誰かがほぼほぼ廃業に
なるとは思ってなかったんでしょうね(笑い
そうじゃなけりゃ、最悪年度明けにスポットで
イベント打てば良かったんでしょうけど。
そんな訳で、当初予定していたゲストも呼べ
なかったこともあり、返品返金対応もされる
とのことでした。まあ、あり氏目当ての人から
すれば、青二の中堅と若手とか興味ないで
しょうしね。集客も以下のそれぞれのイベントに
ついて書く時に書きますが、空席も見られ
ました。莉央氏最後のイベントとしては
寂しい感じでしたが、まあ、彼女の最後らしい
と言うか…デレマス取ったそらそら氏、のっぐ氏
けもフレ取ったわっちゃんさんがいてもこんな
もんなので…ぁー、イベント募集時には
けもフレは無かったか…でも、第二部は直前
追加申し込みが20名限定であったからなあ…
まあ、詳しくは、以下で。

■『さくらマイマイ ドラマCD』『COMICキューン
 チューンRADIO CD Vol.1』同時発売記念イベント
170330CCTR1.jpg
客席は40弱で、出席率は6~7割くらいでしたか。
ニコ生の「CCCCCCCC」の弾幕をパウチで作って
来て配っていたお客さんもいて、すげえ愛されて
いた番組なんだなあ…とも思いました。
イベントとしては、フリートークして、さくらマイマイの
それぞれの演者が好きなシーンを発表して
さくらマイマイドラマCDに出演しているそらそら氏と
莉央氏がドラマCDに入っていないエピソードを
生朗読して、最後にじゃんけん大会でプレゼント
みたいな感じでした。
そう考えると、莉央氏の最後の朗読になったのかな。
まあ、そう言う現場にいられて、良かったなあ…と。
じゃんけん大会では、申し訳ないことにさくらマイマイ
出演者サイン色紙とラジオCDジャケットピンナップに
4人がサイン(をその場で)したものの2つをいただき
ました。まあ、同即で鍛えられたじゃんけん技術
ですよ(笑い 景品をもらえた人をだいぶいぢって
ましたが、まあ、ニコ生ではないですし(笑い
ここで、ボクはわっちゃんさんに、晩御飯に鯖の
味噌煮を食べるようにアドバイスされました(笑い
それと、そらそら氏に仕事を心配されました(笑い

■「COMICキューンチューンRADIO」最終回
 ニコ生公録イベント
170330CCTR2.jpg
こちらは客席数カウントしませんでしたが、50
くらいは席があったのかな?空席が10くらいあり
まあ、平日だと…と言う感じでした。
中身は、いつものニコ生と同じ感じで進行していき
ましたが、そろそら氏に挑戦のコーナーが4人全員で
やる形式でした。紙飛行機飛ばし対決で、莉央氏が
最後にして勝つことができましたね。お客による不正が
あった気がしますが、あくまでもニコ生視聴者の投票で
決まるものなので…それと、わっちゃんさんの鉛筆…(笑い
ニコ生終了後の最後の挨拶でわっちゃんさんが泣いちゃい
ましたが、そこまで含めて、わっちゃんさんが、一日通して
一番ウマくやったなあ…と言う感じがしました。
突然ののっぐ呼びとか的確なタイミングで攻めたりボケたり
できるので、次世代の青ニを背負っていける人材だなあ…
と個人的には思っています。
終了後に、演者お見送りくらいの気の利いたことがあるの
かな?と思いましたが、何もなくそのままお客を帰してました。
そういや、何かのプレゼントが貰えるとか事前のメール周知が
あったにも関わらず、そのアナウンスも無かったので
思い出して、引き返して聞いてみたら、なんか特典のCDと
合わせて郵送とのこと…だったら、ちゃんとアナウンスしな
さいよ…と思いました。お客向かいの仕事が乱雑なんですよね。
そういうところが、イベント延び延びになった所以ではないかな?
と思いました。ちゃんと管理と周知をしないと、お客はついて
こないですよ?4月からの新番組も事前にあるという話があった
かと思いますが、その周知すら無かったです…正直、イベント
終了後くらいに、その周知くらいあるものかと思ってました…

って、もう4月で新年度ですね。
と言うことは、莉央氏こと川上莉央ちゃんはOLとしての
スタートを切りました。役者完全廃業ではない、とのブログ
記事もありましたが、基本的には、今後の新規案件は無い
ものでしょう。大変寂しいですが、彼女が生きていくためには
そういう選択肢を取らざるを得なかったとも思われます。
これも彼女の人生の中での彼女自身の選択なので、それは
応援しないと、これまで応援していた身としては、嘘だろうと
思いますので、彼女の歩もうと思って進んだ道を応援したい
と思います。

莉央氏、がんばれ!ちょおがんばれ!
でも、ツラくなったら、無理しないでね…
スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アイドル・芸能