アキハバラ

わは☆らっきー♪

秋葉原で悲しい事件がありましたね。
実は事件発生直後にあの事件現場にいました。
事件発生時は例の交差点の近くにある某とらのお店にいました。
店から出た後、見慣れた交差点に4~5人の人が倒れていて、靴や鞄などがところどころに転がっていました。
何があったかわからなかったものの、直感的に危険を感じて、現場から離れました。
しかし、交差点の周りには野次馬の人だかりができていて、やっとの思いでそこから抜け出しました。
某メロンのお店付近の路上まで血痕があったことを記憶しています。
わたしが去るまでにはマスコミ関連の車や人はみられませんでしたが、その後に来たのでしょう。
帰りに大学の部室に寄ってインターネットで調べて事件を知りました。
亡くなられた方にはご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方には早い回復をお祈りしております。
事後の事はモモーイこと桃井はるこさんがブログ(↓)に書かれていますね。
http://ameblo.jp/momoi-ktkr/entry-10104915057.html
トラックバックとかできればよかったのですが、何か見当たらないので直リンクです。
わたしも、モモーイほどではないと思いますが、秋葉原に愛着があります。
中学生の頃はゲーマーズが3店舗あり、アニメイトが日比谷線側にあって、迷ったりしました。
そのうち慣れてきて、とらさんやメッセさんで同人の世界を知ったりしました。
高校生の頃になると、特典目当てでゲーム屋さんをはしごしたりしました。
今、こういう活動をしているのは、この街に同人文化を教えてもらったからだと思っています。
そういった意味で、秋葉原には多大な愛着があります。
なので、モモーイのブログに書かれているような心無い報道関係者には憤りを感じますね。
ただ、仕方ないのかなという諦めの気持ちが強かったりします。
今の報道は、電波媒体にしろ紙媒体にしろ、数字主義になっています。
なぜ数字が必要かというのは、収入の大きな部分を占める広告料に響くからです。
信念を持った粛々とした報道よりも、面白おかしい報道のほうが数字が取れると言うのは残念ながら事実です。
表現の自由を盾にその権利の精神を無視した心無い報道がまかり通っていたりします。
寂しい事ですが、それを頭に入れて、心無い報道関係者に振り回されないようにしたいものですね。

さて、長々と書きましたが、ここで突然、サンクリの告知とかしちゃいますよー。

kirinon_l.jpg

タイトル:きりのん
内容:キリノ@バンブレ
頁数:20ページ
イベント価格:400円
年齢指定:18禁

ってな感じです。
バンブレ最終話を見た勢いで作った話です。
本になるのにだいぶかかっちゃいましたが。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)