西武ライオンズ日本一!

わは☆らっきー♪

西武ライオンズ日本一!ですよ!
チャラ尾は神!チャラ尾は神!
2球続いたスライダーが3球続けてくると読んだらしい。
鶴岡は同じ球種を続けた結果、打たれると、首脳陣から怒られるから配球が読みやすいと初戦時にデーブが言っていたので、続けてはこないだろうとわたしは思っていました。
しかし、チャラ尾は逆に続けてくると読んだんですね。
プロ歴15年目、32歳のベテランはグランドレベルでの雰囲気と言うか、経験から何かを感じ取ったのかもしれませんね。
とにかく、チャラ尾は神!
そして、投手陣も西口(2回)→一久(2回)→涌井(2回)→星野(1回)→グラマン(2回)という超豪華継投でした。
西口は力んでいたようで、ストライクが入らない厳しい投球の中で2点失点で踏みとどまってくれました。
しかし、そこから先の継投が圧巻でした。
その後の7回はパーフェクトピッチングでした。
全く打たれる気がしない!全く打たれる気がしない!
こういう投球がボカの1発を生み、ヤスの超好走を生み、チャラ尾の美しいセンター返しのタイムリーを生んだんですね。
それにしても、文化放送で解説をしていた豊田泰光さんが言ってましたが、越智を代えるタイミングが明らかに間違ってましたね。
野田に四球を出した時点で、交代でしょうね。普通。
その後が、今シリーズで大当たりのチャラ尾と友亮ですからね。
現に、越智から代わった豊田は友亮をサードゴロに仕留めてますからね。
豊田泰光さんの言葉を借りると「その間違いのおかげで、西武が勝ち越したんだからいいけどね」。
MVPは豪腕ぶりを発揮したプリンス岸。
優秀選手にはチャラ尾となかじ。
MVPは打率5割超えのチャラ尾かなあと思いましたが、中二日でのスーパーリリーフが評価された様で岸となりましたね。
第7戦開始前に文化放送で岸と星野と中川充四郎さんのトークが面白かったなあ……

そんなんなんで、部屋で飲み、部室で飲みでめっちゃ飲みましたよー。
何かいろいろ原稿やらなきゃいけないらしいのにね!

ぁー、リリマジから残念なチラシが配られ始めましたね。
ってな訳で、来年の3月1日にひだまりスケッチオンリーと桜庭コハル先生作品オンリーが川崎産振で開かれますよー。
op301.jpg
我らがKOSFC卒業生(いや、わたしはKO卒ではないですが)の美愛子さんを…いや、吉野屋先生を前面に押し出したチラシとなっています。
他にも、ゆのっち、ナツミを描きました。
これが意図する事は…以下略。
みなみけのキャラは誰を描くか悩みましたね。
だって、81…以下略。
関係ありそうでなさそうな話ですが、超A&G+を垂れ流して聴いていたら、美愛子さんがソロで番組やってるよー。
いぇっす!マツキス!!
ぁー、何か感極まって泣き出しそうになっちゃったよ。
要は、サーティワンでも美愛子さんの事が大好きだーってコトで。

ぁーねむ……
スポンサーサイト

テーマ : 同人活動日記 - ジャンル : アニメ・コミック

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)